知っておきたい医療費控除の基礎

治療費を支援する制度として設けられているものが医療費控除です。
制度は、多額な医療費を支払った場合に税務署に確定申告をすることで利用することができ、該当することで一旦支払った所得税の還付を受けることができます。
医療費控除は、具体的にはその年に支払った医療費から保険金などで補填される金額と、10万円または所得金額の5%のどちらか少ない金額を差し引いて算出し、最高では200万円まで控除することが可能です。
ポイントは2つあり、まず、所得金額が200万円未満の人の場合は、10万円ではなく5%が適用になります。
2つめは、控除は世帯単位で利用できることがあり、つまり、世帯ごとの合算が可能である点です。
制度では世帯ごとに対して「生計を一にする」ことを条件に掲げています。
理解しておきたいのは「生計を一にする」ことは必ずしも同居していなくてもよいことがあり、例えば、勤務や修学などで都合上別居している場合でも、休日などで起居を共にしていれば認められます。
また、起居を共にしていなくても生活費や学資等の送金が常に行われていれば認められ、全員の治療費を合算することで所得税の軽減を図ることができます。

岡崎の痛み治療接骨院

鷺沼の頼れる歯医者

幼児から歯のことを考えるなら名古屋市北区の小児歯科へ

床矯正治療のご提案

岡山医療求人センターで看護師向けのお仕事探し