医療職の1つに医療事務の仕事があります

医療職も様々ですが、その1つに医療事務があります。
医療事務というのは、クリニックや病院などの医療機関で事務作業を行う事務職です。
医療事務という名前から仕事も事務ばかりというイメージがありますが、必ずしもそうではありません。
確かにパソコンで行う事務作業も多いのですが、それ以外にも様々な業務かあり、それが受付や会計業務です。
受付や会計業務は病院の顔ともなる仕事であり、それを医療事務に携わる人たちが行っています。
病院やクリニックでの受付業務は、来院した患者さんから診療の申込書を書いてもらったり、それぞれの保険証を預かったりなど、様々な作業を行います。
それ以外にも、診療の申し込みをした患者さんを必要な受診科に案内をしたりすることもあります。
その他にも、受診が初めてである患者さんに対しては、カルテを作成したり診察券を発行したりなどの様々な仕事も行っています。
そして会計業務は、診療が終わった患者さんから診療費用を受け取る仕事になります。