医療機関では役割分担して働いています

全国各地には多くの医療機関が有りまして、例えば国や民間会社が経営する大病院を始め、個人経営するクリニックなどが挙げられます。
これらの場所では医師や看護師、薬剤師の方が役割分担しながら働いています。
例えば医師は訪れた患者の診察や検査を行って、必要となる治療や薬の処方箋を出して患者の健康回復を図ります。
看護師は医師が診察する際に補助的な役割を担っています。
また大病院などで入院病棟が有る場合には、24時間体制で患者の状態を見守ったり点滴の投与などを行います。
薬剤師は医師の処方箋を基に薬を選定して、患者に薬の効能や服用方法などを説明して渡します。
従来は院内に薬剤師を置いているケースが多かったのですが、最近は処方箋を持ってゆけば院外の調剤薬局で好きな時間に薬を受け取れる様になっています。
最近は高齢化などで患者数が増加しており、医療機関では人手不足の解消を図る為、求人情報を出して人材確保を行っています。