現在の医療業界の機器は素晴らしい

具合が悪くなると必ず病院を受診するのですが、最近の医療業界の機器に毎回驚かされます。
例えば、歯科医院。
今やコンビニより多いと言われていますが、それだけ需要があるのでしょう。
需要が増えればニーズも増えるからか、医療機器に患者の負担が減るような工夫がされている所が多いです。
最近では一般的になってきましたが、3Dで歯のレントゲンを見ることが出来る装置。
あらかじめ患者用の施術椅子に取り付けられているモニターに写し出され、施術中に見ることが出来るのはもちろん、治療前の歯の状態の確認もモニターで行うことが出来ます。
モニターを見ていることで痛みも以前ほどは気にならなくなりましたし、何より治療前の自分の歯を3Dで見ることが出来るため、安心感があります。
また、薬剤を塗布した際に少し待ち時間があるのですが、その際にモニターに綺麗な景色やお花が写し出され、リラックスして待つことが出来ます。
歯医者さんの工夫や、医療機器の発展に毎回驚かされ、安心感も増えています。